現場レポート

瑞穂市穂積 木造住宅全解体⑦

2021年9月18日

瑞穂市穂積にて木造2階建建物の全解体処分工事の続報です。

前回の投稿では9割上物は無くなりましたとお伝えしましたが、すべて無くなりました。

周辺のコンクリート土間などの撤去もほぼ終わりました。

こちらの現場は、周辺の道路面よりも1m程高く土が盛られておりました。

今回はそれらの盛り土も処分して、周辺の道路面に高さを合わせます。

また進捗状況を報告いたします。

 

im3  0918-2

瑞穂市美江寺 木造全解体工事②

2021年9月18日

瑞穂市美江寺にて木造2階建建物全解体処分工事の続報です。

以前にも投稿しましたが、こちらは市道沿いで両サイドに建物がある現場です。

手壊しでの解体作業を進めております。2階部分は無くなりました。

下記の画像は(少し分かりにくいかもしれませんが)市道側から見たものです。

先に1階中央部を解体撤去し、そこに車両を乗り入れて廃材の搬出を行っております。

手壊しでの作業は時間も労力もかかりますが、何より危険度も増します。

引き続き安全に配慮して、作業を進めてまいります。

 

kwm1  S__8716292

瑞穂市本田 木造住宅全解体工事③

2021年9月18日

瑞穂市本田にて木造2階建建物全解体処分工事の続報です。

前回、外壁材モルタルなどの分別解体をしなければならない…と投稿しましたが、

それでもやはり重機が入れば一気に作業は進みます。建物も残り1/3となりました。

本日は台風の影響が心配されますので、養生足場シートを一部剥がしておきます。

そしてロープで一部固定しておき万が一に備えておきます。幸い天気予報を見ていると

岐阜県はさほど影響は無さそうですが…それでも用心に越したことはありません。

また進捗状況を報告いたします。

 

S__6742020  S__6742022

瑞穂市本田 木造住宅全解体工事②

2021年9月16日

瑞穂市本田にて木造2階建建物全解体処分工事の続報です。

内装撤去や瓦降ろしも終わり、重機が入りました。

今回の建物は外壁にタイルやモルタルが使用されておりますので、こちらを剥がす作業となります。

これが結構な手間なのですが、きっちり分別解体をするために必要な作業です。

また進捗状況を報告いたします。

 

ym1

豊山町 お寺本堂全解体②

2021年9月16日

愛知県の豊山町にてお寺の本堂の全解体処分工事の続報です。

瓦降ろしも終わり、重機による作業が始まっております。重機が入れば作業は一気に進みます。

改めて本堂の造りや建材を見ると、立派なお寺だなぁと感じました。

お客様並びに現場周辺環境のプライバシーを十分に守って、可能な限り進捗状況を報告いたします。

 

te0  te1

瑞穂市本田 木造住宅全解体工事①

2021年9月14日

瑞穂市本田にて木造2階建建物全解体処分工事が始まりました。

周辺状況は特に難しい感じではありません。しかし 現場への進入路が、

いわゆる市道でも県道でもなく私道になります。毎日の作業終了後に

掃除をしてから帰るのはもちろんですが、重機や車両の進入出時に傷つけないように

しなければなりません。

また進捗状況を報告いたします。

 

S__6684675  S__6684678

瑞穂市美江寺 木造全解体工事①

2021年9月8日

瑞穂市美江寺にて木造2階建建物全解体処分工事が始まりました。

市道沿いで両サイドも建物があります。下記の画像で見ると外壁が白い建物です。

ほぼ手壊しでの解体作業になるかと思います。

このように工事車両が停められない場合は、「道路使用許可」を申請して一時的に

市道に車を停めたりできるようにします。公的な手続きをして許可をもらっているとは言え、

近隣住民及び道路を通行される方々にはご迷惑をお掛けします。十分安全に配慮して進めてまいります。

 

kwm1  kwm2

豊山町 お寺本堂全解体①

2021年9月8日

愛知県の豊山町にてお寺の本堂の全解体処分工事が始まりました。

お客様にご協力いただき、樹木や自転車置き場などを撤去又は移動して、重機や車両の進入路を

確保させていただきました。

まずは建具や畳など内装から取り掛かりましたが、畳の枚数だけでも相当なものです。

この後、本堂周辺に養生足場を組んで瓦降ろしに入ります。本来は1日間で終わらせたいのですが

これだけの量の瓦だと数日間かかってしまうかもしれません。十分安全に配慮して進めていきます。

 

住宅や店舗などの解体工事は、たまに街中で見かけることはありますよね。

でもお寺の本堂の解体工事ってなかなか見かけることないですよね。かなり珍しいと思います。

お客様並びに現場周辺環境のプライバシーを十分に守って、可能な限り進捗状況を報告いたします。

 

et1  et2

瑞穂市穂積 木造住宅全解体⑥

2021年9月4日

瑞穂市穂積にて木造2階建建物の全解体処分工事の進捗状況です。

前回の投稿で 重機が入ってしまえばあっという間…とお話しさせていただきましたが

9割 上物は無くなりました。奥の方にチラッと見えているブロック積みの囲いみたいなものは

お風呂や洗面所まわりです。しっかりと分別して解体処分するために残してあります。

皆さん、昔のお家のお風呂まわりは、ちょうど腰の高さくらいまでブロック積みの壁に

してあることが多いんですよ。主な理由は、水に強い素材であること、昔は給湯器を

直接お風呂の壁につけることが多かったので防火性があることなどです。

今は風呂桶や洗い場や給湯などの設備も進化して戸建て住宅もユニットバスが主流になっていますね。

先日も施工事例でUPさせていただきましたが、在来のお風呂場からユニットバスへ替えられる際の

内装解体も弊社では承っております。

 

S__6545413  S__6586372

建物解体後の固定資産税は?

2021年9月2日

「固定資産税」とは、土地や建物の所有者に課される市町村税です。住宅用の建物が

建っている 土地 については、「住宅用地特例」が適用され税額が減額されます。

 

しかし、建物が取り壊されると「住宅用地特例」が適用されなくなるため 土地 に対しての

固定資産税が通常の税額となります。その結果、建物があった時からすると、税額は

約3~4倍(最大で約6倍)になる場合もあります。

建物解体後に固定資産税が高くなると思われがちですが、通常に戻るということです。

 

建物の解体をご検討される際には、頭に入れておくとよいかもしれませんね。

 

 

※税額や制度の内容は、土地・建物の広さや市町村によって異なる場合がございます。

月刊アーカイブ